生き方

2012年11月13日

DSC00084









みんなにも、捨てたい過去ってある?

私は・・・

私は・・・

とっても捨てたい過去がある

先日探し物をしていたら、引き出しの中から昔の証明写真が出てきた。

こ、こわいΣ(゚д゚;)

この人相の悪い女の人だれ(((( ;゚д゚)))

それは私です(爆)

乳がんになる数年前の、自分勝手で高飛車な、性格の悪い私です

今の私とは、本当に別人。

何年も会ってない人はきっとものすごく驚くと思う。

今の私があまりにいい人になっていて(爆)

これって、絶対フラのおかげ

もしあの頃のままの私だったら、フラは踊れない。

たぶんね。

自分で言うのもなんだけど、性格ってやっぱり顔にでるのね?

あ〜もう思い出したくない、あの頃の私(ノ◇≦。)

封印していた過去が、次々にフラッシュバックする

モノを捨てるように、過去も捨てられたらいいのに。。。

この人生が終わるとき、自分のしてきたことをビデオのように見せられるって何かの本に書いてあったよ

おねがい、そこだけ削除して

こないだのテレビみたいに、上手に編集して( ´_ゝ`)ノ

え〜と、え〜とどこからどこまで削除してもらったらいいかな?

削除したいことだらけで、だいぶ短くなっちゃうね?(爆)

ものすごく調子がいいけど、ここ3年くらいの私しかみんなは知らなくていいから川 ̄_ゝ ̄)ノ

最近物忘れがひどく、ほんとうに過去を捨ててしまいそうな希望さんです(笑)

削除はできないけど、せめてせっせと「良いこと」をして、人生を上書きしようっとv( ̄∇ ̄)v


《癒しのフラダンス》

ウニクスカルチャーセンター鴻巣

☆レッスンスケジュール☆

第1・第3金曜日 19:00〜20:00 経験者クラス

第2・第4金曜日 19:00〜20:00 初心者クラス

見学・体験随時受付中

日常を忘れて、楽しいひとときを過ごしましょう

お問い合わせはウニクス鴻巣カルチャーセンター
または090−8805−2288 草野朋子までメールでのお問い合わせは kbs@knh.biglobe.ne.jp




今月から新しいフラ教室が始まりました

場所:北本市体育センター

時間:第1・第3火曜日 14時〜15時

月額参加費 1800円

定員 30名

お問い合わせ、お申し込みは北本市体育センターまで。




今後の出演予定↓

11月25日(日)北本市文化のつどい(北本市文化センター)

12月22日(土)クリスマスカフラ(フレサ吉見)

2013年2月2日(土)私の趣味特技発表会(クレア鴻巣大ホール)




A(AKAHAI)・・・・思いやりをもって

L(LOKAHI)・・・共に助け合い

O(OLUOLU)・・・明るく心地よく

H(HAAHAA)・・・謙虚に慎み深く

A(AHONUI)・・・我慢強く

それではみなさん、また明日

アロ〜ハ



生かしていただいて有難うございます。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今日も読んでいただいてありがとうございます

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 夢(目標)・未来へ
にほんブログ村











人気ブログランキングへ








闘病中のエッセイ、たくさんの方が読んでくださってとってもうれしいです(*´∇`*)ありがとうございます

希望さんの闘病記

闘病中の記事を電子書籍(無料)にまとめました
ここをクリックして読んでみてね
(ダウンロードしなくても読めます。)








kb0404 at 23:16コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月04日

先日Nちゃんが教えてくれた名言。


我が我がのが(我)をとって

おかげおかげの(下)で生きよ


あちゃ〜('A`|||)耳が痛い

と思ったのは

私だけ?(じゃよね?)


基本的に、私はおせっかいなのだ。

よく言えば「面倒見がいい」「積極的」

だけど悪く言えば、「でしゃばり」v( ̄∇ ̄)v

「私が、私が」

「が(我)」だらけです(爆)

もちろん、いつでもその人のために

よかれと思って言ったりやったりしていることなのだけど

それはある意味、自分の価値観を押し付けていることになる・・・

のだと最近知った←遅いよ〜


じつは先日、大親友のNちゃんと大喧嘩をしたのだ。

仲直りしたのだけど、そのあとにきたメールがこの言葉。

なんでトドメ刺すのよ・・・ヽ(TдT)ノって感じでした。

あっ、勝手に書くとまた怒られちゃうから、この話はあとにしよ

そんなこんなで、これからは「が」ではなく「げ」で生きていこうと

堅く決心した私。

でもさ〜

すぐ忘れちゃうんだよね〜

最近忘れっぽいから、ほんと。

フラのフリ以外は、本当にすぐ忘れる希望さんです(笑)

あっ、ブログを毎日書くことも忘れないよね(爆)

明日も暑くなりそうですが、みなさん楽しい休日を過ごしてくださいね〜


生かしていただいてありがとうございます。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今日も読んでいただいてありがとうございます

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ その他女性日記へ
にほんブログ村
















kb0404 at 22:49コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月03日

大きな声じゃ言えないけど

わが家で一番綺麗なのは

大学一年の息子の部屋なのだ(爆)

うちの息子はとてつもなくきれい好き。

いったい誰に似たのか・・・(私でも主人でもないと思う)

しかし最近、彼がただのきれい好きではなく、ダンシャリアンであることに気づいた。

考えてみたら息子は、小さいときからダンシャリアンだ。

その頃「断捨離」なんていう言葉はなかったから、ただ「きれい好き」とか「神経質」なんていう表現でかたづけられていた。

息子は毎年春休みが始まるとすぐに、その学年で使った教科書やノートを全部捨てていた。

机の上だけでなく、引き出しの中まで空っぽになっていた。

「え?進級してもまた見たりしないの?」と聞くと

「見ない」ときっぱり。

その潔さには、いつも驚かされた。

でも、もしかしたらまだ必要かも・・・と内緒で半年くらいとっておいた母親(それは私)

今思えば彼は、毎年次の学年に進級するとき、心の整理をしていたのだ。

たぶん、無意識のうちに(すご過ぎる

昔からいつ覗いても彼の部屋はすごくきれいだった。

まったく無駄なものはない。

書棚の本もいつも綺麗に並んでいて、月刊誌の漫画は1冊買うと1冊捨てるので順番もきっちり揃って納まっていた。

さすがに最近はバイトで忙しいらしく、少々散らかってきたのだが・・・(それを見てちょっと安心したりして 笑)

ダンシャリアンである彼は、いらないと思ったらすぐにモノを捨ててしまうんです。

昔、私がどこかに旅行に行って買ってきてあげたおみやげを、いとも簡単に捨てていたのを見てかなりショックを受けました(ノд・。)

それでもあれこれと買ってくる母ですが(懲りない私)

そういうことが多々あるので、姉からは「薄情者」とか「冷酷なやつ」というレッテルを貼られてました(爆)

近頃は、男性誌でも断捨離が取り上げられたりしてますが、男のダンシャリアンってどうなんでしょう

女子的には、ちょっと・・・ですよね?たぶん・・・

将来彼のお嫁さんになる人は、大変なのか楽なのか、よくわからない(笑)

べつに息子をダンシャリアンに育てた覚えはないんだけど(爆)

「ダンシャリ系男子」みなさんはどう思われます



さあ、今夜も何か一つ感謝してから寝てくださいね

今日も読んでいただいてありがとうございます(´∀`*)

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね(*^_^*)
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ その他女性日記へ
にほんブログ村


























kb0404 at 23:23コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月21日

今日は、会社の健康診断でした。

検査をしていたら、2年前のことをいろいろ思い出しました。

抗ガン剤も効かなかった私が、こうして生きているのは奇跡だと思いました。

最近の私は「感謝」が足りないです。

生きているだけでも、すごくしあわせなことなのに。

フラを始めて楽しくて、ただ楽しくて、ガンだったことを忘れていました。

それが再発防止になっていると思っていました。

だけど、元気になったら「健康であること」への感謝がなくなりました。

当たり前だと思うようになりました。

あんなにつらい思いをしてから、まだ2年しか経っていないのに。

手術前の1ヶ月くらいは、一番苦しかった。

まさに今頃です。

死への恐怖と闘っていました。

それと同時に、それまでの人生を後悔していました。

自分のことばかり考えて生きてきたことを猛烈に反省しました。

そして、手術前日にこんな記事を書いています。

2008年9月30日

私はこのときの気持ちを、忘れてはいけないと思います。


これからは人の役に立ちたい。

たくさんの人をしあわせにしたい。

与えられた時間はそのために生きたい。

あの人に出会ってよかったと言われる人になりたい。


生きていることに感謝して、あの日に誓った生き方をしようと思います。


神様にもう一度命を与えてもらったのだから。

なんか今日は、涙が溢れてしかたなかったです



もうすぐピンクリボンです。

2年前手術したその日にピンクリボンのイベントでフラを踊る。

偶然じゃないですよね?


【ピンクリボン2010 in Tokyo】

日時 10月1日(金) 17:39〜18:04

場所 東京都庁 都民広場(第一本庁舎 正面玄関前)

山田邦子さんのトークショーや都庁のピンクのライトアップなどもあるので
みなさんぜひ見に来てくださいね

今日も読んでいただいてありがとうございます(´∀`*)

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね(*^_^*)
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ランキング
kb0404 at 19:10コメント(2)トラックバック(0) 

2010年09月17日

昨日から考えていることがある。

もしかしたら私は松岡修造さんに似ているんじゃないかと。

自分で言うのもなんだけど、けっこう「熱い」人間だ(笑)


以前からそうなのだけれど、ガンを乗り越えてからはよりいっそう「せっかく生きているのだから」と考えるようになった。

命なんていつまであるかわからない。

だから、保守的に生きるよりチャレンジャーでいたいと思う。

だいたいこの世に「変わらないもの」なんてない。

こうしている今も私は確実に年をとっている。

「変わらないものはない」という事実だけが唯一の変わらないことだとなにかの本に書いてあった。(ウケウリだけど)

・・・ということは「変わらないこと」=「安泰」ではない。

世の中が変わっているのに、自分だけが変わらないでいるのは不可能だし、それはかえってリスキーだと思う。

「安住の地」を手に入れたと思った瞬間に、それを失いたくないという不安にかられ、そのための努力をしなければならない。

同じ努力なら、私は自分が成長できる努力をしたい。



こんな私と正反対で、主人はかなり保守的な人でした(←過去形)

ふたりで会社を始めたばかりの頃は、よく口論になったものです。

でも今はうまく調和がとれているとよく言われます。

イケイケの私と、超慎重派の主人。

両方イケイケでも、逆に保守的でも会社はだめになります。

いろいろな経験をした結果、お互いの良いところを認め、歩み寄るということを学習しました(笑)

私のチャレンジには当然失敗もあります。

だけど、その失敗から学ぶことがひとつでもあるならば、それは失敗ではなく「勉強」だと思っています。

「熱い人間」である私の周りにいると、知らないうちに影響を受けみんな積極的になるんだそうです(友人談)

以前は「思考や行動が早過ぎてあなたについて行くのは大変」と言っていた友人も、いまでは素晴らしいアイデアを提案してくれる頼もしい人になりました。

「Kさんは新幹線だから」と言われたことも(笑)

でも、新幹線は時刻表に沿って運行しているし、止まるべき駅には止まっている。

私の場合は、流れに乗ってどんどん進んでしまう、高速船ですかね?

時刻表はあってないようなものです。

だって大きな波がきたら乗っちゃうんだもん(爆)

「この波に乗ろうかどうしようか」と考えているうちにビッグウエーブは過ぎ去ってしまうでしょ?

そんなちょっと無茶な自分が嫌いではなかったんだけど、ハタと考えました。

もしかしたら、こんな私を迷惑に思っている人もいるんじゃないかと。

松岡修造さんを好きな人と嫌いな人がいるように。

希望さんって「うざい人」だったの

それは大問題ですよ〜

また眠れなくなっちゃう(´−д−;`)

生きている限り「安住の地」なんてないですよ。

そんなものは死んでから手に入れればいいんじゃないですか?

だから、そういうところがうざいんだってば(爆)


今日も読んでいただいてありがとうございます(´∀`*)

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね(*^_^*)
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ランキング
kb0404 at 22:53コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月06日

今朝の新聞にちょっといいお話が載っていたのでご紹介します。

高野山の金剛峰寺の座主であられるお坊様のお話です。

「肉食いたい、金持ちになりたい。欲望は生命力に通じる。全否定するのではなく、他人に役立つように昇華すればいい。」

さらに・・・

「人間が最も満たされる大きな欲とは『あなたのおかげです』と語る人が一人でも二人でも現れること」

「欲望を持ってはいけない」って思ってました。

でも持ってもいいんですって(笑)

たしかに、欲望は生きる力になりますよね!

そして、誰かの役に立つということは、たしかに一番心が満たされるかもしれません。

欲望を他人に役立つように昇華。

自分にはどんな方法があるか、考えてみます。

みなさんも考えてみてくださいね〜

今日はちょっとお疲れ気味なので、短いですがこのへんで

応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 23:18コメント(12)トラックバック(0) 

2009年12月01日

今日、夏に通っていた学校の友人2人と新宿でランチをしました。

資格の合格祝いのはずが、なかなか日程が合わず、今日になってしまいました。

彼女たちに会ったのは3ヶ月ぶりですが・・・

一人は軽井沢に家を買い、移住することになったというのです。

しかも今月15日に引っ越すとか。

夏頃たしかに「田舎暮らしがしたい」と言っていたのですが、会わない間に家を探し、購入し、もう引越しの日まで決めていて・・・

私も行動的な方だと思うのですが、この行動力にはびっくりしました

彼女は独身なので身軽・・・とは言っても、都内から軽井沢に引っ越すのはかなり勇気のいることだと思います。

「まだスローライフには早いよね〜」なんて自分で言ってましたが。

そしてもう一人の彼女は、ご主人が急に重い病気になり、入院してしまったとのこと・・・

これからのことを考えると不安だと言ってました。

「Kさんは?」

私は・・・・私は元気に仕事とフラを頑張っている。

・・・なんか私だけ平凡

でもいいのです。

「じゃあまたね」って別れたけれど、今度いつ会えるかわかりません。

午後は少し前に私にいろいろとアドバイスをしてくださった取引先の営業の女性が事務所にきてくださって、来年ご結婚されるといううれしいお話を聞いたり・・・

親しい友人たちは、いろいろ大変な問題を抱えていたり・・・

みんな自分の人生を一生懸命生きているんだな〜・・・なんて考えた1日でした。

それぞれオリジナルの人生だから、「人と比べない」

これ、私のポリシーです。

ポリシーなんていうとえらそうに聞こえるかもしれないけど・・・

なんか今日は・・・・・が多い(笑)

人と比べても、何もいいことはないと思うんですよね。

自分の人生なんだから。

あ〜何が言いたいのかわからなくなってきたので今日はこの辺で

いつになくまとまりのない終わり方ですが。(え?いつもそう? 笑)

毎日読んでいただいてありがとうございます。

応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング

























ビル管理のコスト削減・SAT119 株式会社KBシステム





kb0404 at 22:43コメント(7)トラックバック(0) 

2009年08月09日

水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ
著者:江本 勝
販売元:サンマーク出版
発売日:2001-11
おすすめ度:3.0
クチコミを見る
とても面白い本を読んだのでご紹介します。

今日は資格の学校の日でした。

学校でお友達になった女性が貸してくれた本です。

あまりに面白くて一気に読んでしまいました

少し前に売れていた本で、たぶん手に取ったことはあるのですが、真面目に読んだことはありませんでした。

一言で言うと「水」についての本です。

ガラスのびんに水を入れ、「ありがとう」という言葉をかけると綺麗な結晶ができる

「ばかやろう」という言葉をかけると崩れて結晶にならないという話、聞いたことありませんか?

それに水は文字の意味までも理解するそうで、びんに「愛・感謝」と書いて貼っておくと最高に美しい結晶になるんだそうです。

そのほか音楽を聴かせたあとの結晶、世界の名水と言われている水の結晶、美しい景色を見せたあとの結晶など、興味深い写真がたくさん載っています。

水は純粋にそのものの状態を転写するということなんです。

そして、私たちの体は60パーセントが水だと言われているので(この本には70パーセントと書いてありますが)、いつも愛と感謝の気持ちでいれば、体の中の水がきれいになり、健康でいられるとか、しあわせになれるとか書いてあります。

さらに言霊や波動についての記述もあって、個人的には大好きな感じです(笑)

なので、そういう分野がお好きな方にはおすすめです

いつもはしないのですが、さっきアマゾンでクチコミをちょっと読んでみたんです。

そしたら賛否両論で、びっくりしました。

「非科学的」「捏造」などひどい批判もありました

でも私は、科学的かどうかは、どうでもいいんじゃないかと思いました。

「愛と感謝の心」でいると体の中の水が綺麗になる

感情も生き生きと流れていき、しあわせな気持ちで満たされる

そう思って生きていくことは、悪い事じゃないですよね?

愚痴や不満ばかり言っていたら、体の中の水も汚れてしまうような気がします。

今日の講義でも先生がおっしゃっていたんですが、「形あるもの」や「根拠のあるもの」にばかり執着する時代はそろそろ終わるらしいです。

人間の心や体も、科学的に全部証明されているわけじゃないんですから、思い込むことってけっこう大切なんじゃないでしょうか?


心から確信していることはうまくいく
すべては人間の意識が作っている
イメージが世界を作っている

みなさんは、どう思われますか?

みんなが感謝の心で生きていたら、地球上に核兵器もいらなくなりますよね。

興味がある方は読んでみてくださいね。

水の結晶はとても美しく、理屈抜きで癒されます

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
















kb0404 at 23:28コメント(8)トラックバック(0) 

2009年08月03日

のたれ死に上等です。のたれ死に上等です。
著者:世界 歩人
販売元:フォレストワークス出版
発売日:2008-10-10
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

今日は、先日ご紹介したこの変わった名言集からもうひとつ。



「一寸先は、光」


これ、正しくは「一寸先は闇」ですよね?

調べてみたら・・・

「将来のことは、ほんのわずか先のことですら、全くわからないということ」

だそうです。

でも、どうして「闇」なんでしょうか?

闇である必要はありませんよね?

人間は、生まれながらにしてネガティブだそうです。

前向きに考えるように努力しないと、どんどんネガティブになるんだそうです。

だとしたら、一寸先は「闇」じゃなくて、「光」のほうがいいと思いません?

ずっと光の中にいると「光」を感じられないのかもしれませんね。

闇を経験した人は、光の明るさ、温かさ、ありがたさがよくわかります。

今、闇の中にいる人も、光の中にいる人も、明日からはこれでいきましょう(´∀`*)

一寸先は、光


追記

マウナロア仕事の帰りに、先生からお聞きして以前から行ってみたかった恵比寿の「マウナロア」に行ってきました

1Fがハワイアン雑貨、2Fがフラ用品、3Fがインテリアとカルチャーセンターになっていました。

大阪や神戸にもあるんですって

とってもしあわせな空間なので、機会があったらぜひ行ってみてくださいね〜

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング















kb0404 at 23:13コメント(8)トラックバック(0) 

2009年07月29日

今日は、昨日の感情をひきずり、落ち込んでいました。



が・・・


11時からNHKで放送された永ちゃんの番組を見ました。

今は「永ちゃん」って言わないんですよね。

でも私にとっては永ちゃんなんですよ。

昔、よく武道館や横浜アリーナのコンサートに行きました。

キャロルは知らないけど、「カッコイイ」永ちゃんが大好きでした。

あまりにも有名なあのロゴの赤いバスタオルも持ってたな〜


あれからいろいろあったよね、お互い(って友達じゃないけど)


還暦を迎える永ちゃんは、昔よりずっとかっこよかった。

成功の後に挫折して、でもまた立ち上がった永ちゃん。

すごく素敵な顔になってた。

20代の若者たちの質問に真剣に答えていて、その言葉のひとつひとつに人生の重みが
感じられました。

久しぶりに聴く「チャイナタウン」も「いつの日か」も胸が苦しくなるくらいよかった。

ねえ永ちゃん、60年生きたって、どんな気持ち?

私もそんなに生きられるかわからないけど、永ちゃんみたいに素敵な顔になりたいな。

生きているといろいろあるよね。


久しぶりに永ちゃんのコンサートに行きたくなりました。


現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング












kb0404 at 23:36コメント(4)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
お問い合わせ

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 発表会の感動再び(≧∇≦)
  • 発表会の感動再び(≧∇≦)
  • 発表会の感動再び(≧∇≦)
  • 発表会の感動再び(≧∇≦)
  • 発表会の感動再び(≧∇≦)
  • 発表会の感動再び(≧∇≦)
キエレの会社
Recent Comments
記事検索
Archives