手術

2012年05月21日

最近あんまり書いてなかったけど、私には手術の後遺症があります。

全摘手術でワキの下のリンパ節までとったので

リンパ液がうまく流れず、腕がむくむ「リンパ浮腫」という病気になってしまったの

去年の夏頃悪化して、肩までのスリーブをつけるかどうか相当悩みました

先生にはスリーブをつけることをすすめられたけど、フラをやっている私はどうしてもつけたくなくて・・・

わがままを言って、先生を困らせてしまった。

しばらく様子を見ましょうということになり、定期的に世田谷まで通って診察とマッサージを受けてました。

今日はその診察の日だったんだけど・・・

「前回よりよくなってますね」と先生。

「え本当ですか

「スリーブをつけていないのに、この状態を維持できているのは素晴らしいです。

なにかされてるんですか?」

・・・・・・・はて

最近はセルフマッサージもすっかりさぼっているし・・・

右手で重いものを持たないとか、長時間パソコンはやらないとか気をつけてはいるけど・・・

「あ、先生、フラダンスでしょうか

「ああ、そうでしたね、フラダンス。

それがいいんですね、きっと。これからも続けてくださいね

や、や、やった〜(*´∇`*)

こんなところにもフラ効果

そのあとマッサージを40分してもらったのだけど

担当してくださった女性の方にそのお話をすると

「先生にすすめられて、フラを始めた方もいらっしゃるんですよ」とのこと

なんといううれしいお言葉

別に私が褒められたわけじゃないけど(笑)

私と同じ病気で悩んでいる方がフラで少しでもよくなってくれたら

こんなにうれしいことはありません

フラって、楽しいだけじゃなくほんとに体にもいいのね

フラに出会えた私はしあわせです

もしもフラをやっていなかったら、もっとネガティブに暮らしていたと思う。

ねえ、みんなもフラを始めてみない?

ウォーキングもスポーツジムも続かなかったけど

フラだけは一生懸命やってリンパ浮腫も克服する勢いの希望さんです(笑)


6月から、新しいフラの講座が始まります

ウニクスカルチャーセンター鴻巣にて

19:00〜20:00

毎月第1・第3金曜日・・・経験者クラス

第2・第4金曜日・・・初心者クラス

無料体験レッスンがあります

5月25日(金)19:00〜

ご予約は 048−547−0911まで

ご参加お待ちしてま〜す
img_352162_15834948_0










クウポノフラクラブのイベント出演予定


【フラフェスティバルin こうのす】

6月3日(日)11:00〜

クレア鴻巣大ホール

入場無料

第1部 クウポノフラクラブ発表会
第2部 10ハラウによる地域最大規模のフラフェスティバル


【フリーマーケット出店者募集】

北本市総合公園にて、毎月第3日曜日開催
お問い合わせはこちら


闘病中のエッセイ、たくさんの方が読んでくださってとってもうれしいです(*´∇`*)ありがとうございます

希望さんの闘病記

闘病中の記事を電子書籍(無料)にまとめました
ここをクリックして読んでみてね
(ダウンロードしなくても読めます。)




A(AKAHAI)・・・・思いやりをもって

L(LOKAHI)・・・共に助け合い

O(OLUOLU)・・・明るく心地よく

H(HAAHAA)・・・謙虚に慎み深く

A(AHONUI)・・・我慢強く


それではみなさん、また明日

アロ〜ハ




生かしていただいて有難うございます。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今日も読んでいただいてありがとうございます

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代女性日記へ
にほんブログ村











kb0404 at 23:34コメント(2)トラックバック(0) 

2011年11月01日

検査の結果、出ました。

お医者様が不思議がるくらい良い結果でした)^o^(

診察室に入ると先生が首をかしげながらおっしゃった。

「手術したのは右ですよね?」

「はい、そうです」

「そうですよね、う〜ん…どうしてかな〜」

検査の画像を見ながら不思議そうにしていらっしゃる。

「K野T子さんで間違いないですよね?検査したのは10月21日?」

「はい、そうです」

「ですよね〜…
肘のあたりの機能が少し低下してますが、このくらいなら問題ないでしょう。
全体的には左より右の方が流れが良いくらいです」

や…

やったあ〜)^o^(

先生のお話によれば、手術でリンパ節をたくさんとったのに、指先から鎖骨まで綺麗にリンパの道ができているとのこと。

毎日寝る前にマッサージしていたのがよかったのかなぁ〜

凹んでないで自分にできることをやろうって思ってこの二ヶ月毎日続けてたのよね。

トカゲみたいに再生したのかな?(笑)

も〜うれしくってうれしくって

「しゃらら〜〜〜ん」って感じでマラサダ買って帰ってきました。

胸がいっぱいで無駄遣いもしなかったよ(笑)


ご心配いただいたみなさん、ありがとうございました

今年の検査、全部クリアしました〜(^0^)/

これで心おきなくフラができます(あっ、仕事もね、笑)


A(AKAHAI)・・・・思いやりをもって

L(LOKAHI)・・・共に助け合い

O(OLUOLU)・・・明るく心地よく

H(HAAHAA)・・・謙虚に慎み深く

A(AHONUI)・・・我慢強く


それではみなさん、また明日

アロ〜ハ




生かしていただいてありがとうございます。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今日も読んでいただいてありがとうございます

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ その他女性日記へ
にほんブログ村







>


kb0404 at 16:42コメント(4)トラックバック(0) 

2011年05月18日

私には右の胸がない。

2年半前、乳がんになり全摘手術をしたからだ。

そのことをすごく悲しいと思ったことはないけれど、以前はちょっとだけ気にしていた。

フラを始めて半年くらいたった頃、初めてチューブトップを着て踊ることになった。

それは公民館のイベントで、お客様がすごく近いステージだった。

私は手術のためにワキも変形していることが気になった。

フラ用のウイッグで隠してもいいですかと先生にお聞きしたら、

先生が「明日の衣装はチューブトップではなくブラウスにします」とおっしゃった。

「ご迷惑をおかけして申しわけありません」とメールすると、先生からお返事がきた。

「明日は寒そうで、みんなが風邪をひくといけないから」

私はそのやさしさに、泣けて泣けてしかたなかった。


あれから1年半が経ち、先生の元を卒業して新しいハラウ(教室)に入った。

発表会では、若い人に混じって肩を出すドレスを着て踊ることになった。

リハーサルのときに透明なストラップをつけていたら、先輩に注意された。

「このストラップは照明で光るからつけちゃいけないのよ」

・・・・・・・・・

今までの私だったら、先生に事情をお話して、ストラップをつけさせてもらったかもしれない。

だけど、もう甘えるのはやめようと決めた。

透明のストラップが光ったせいで、みんなの美しいフラをだいなしにしてはいけない。

生きているって、それだけで素晴らしい。

フラを踊ることで、みんなにそれを伝えたい。

そのために私は片胸のフラダンサーなんだから

ちょっとかっこいいでしょ(爆)

胸なんかなくたって、美しいフラが踊れるはず(だよね)


入院しているとき、「私、かたわになっちゃったわ」って嘆いている人がいました。

ぜ〜んぜん嘆くことなんてないですよ。

私は、むしろ誇りに思っています。

マイナスをプラスにかえて生きていきますよ

だから乳がん経験者のみなさん

みなさんもそうするって約束してくださいね

あれ?今日はなんかまじめ過ぎた?(笑)

発表会を見に来てくれた前サークルのお友だちがくれたお花
みんな、ほんとにありがとう
ホイケお花











生かしていただいてありがとうございます。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今日も読んでいただいてありがとうございます

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ その他女性日記へ
にほんブログ村


















kb0404 at 23:12コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月17日

そういえば、ピンクリボンの記事を最後まで書いていませんでした。

前回はたしか、スピーチを始めたところでいきなり泣きそうになったというところまででしたよね。

練習のときはいつも最後のほうの同じところで泣いちゃってて、まあ最後だから泣いちゃってもいっかと思っていたんです。

でも、本番では・・・

「私には右の胸がありません。2年前乳癌になり全摘手術をしました。」

と言っただけでこみ上げてしまいました

しかも号泣してしまいそうな勢い(苦笑)

ああ、まずい、すごくまずい・・・

ここから泣いちゃってたら、私の伝えたいことが全然しゃべれない。

(そしてかなりみっともない顔になってしまう)←こっちが、問題?

そう思ってグッと、ググっとこらえて・・・

1箇所もかまずに(笑)3分間最後までしゃべれました

4曲目はインストラクターのK子ちゃんたちが踊り、ついにラストの曲。

ラストはステージではなく、客席まで降りていき、お客様の目の前で踊りました。

そのとき初めて、客席の中に母と娘を見つけました。

母は、顔をくしゃくしゃにして泣いていました。

その顔を見たら、一気に涙が・・・

今度はもうこらえきれず、ラストの曲の半分くらいは泣き笑いみたいなひどい顔で踊っていました。

踊り終わって、エンディングはレイのプレゼント。

ワコーレまつりのときは子供たちがたくさんもらいにきてくれたけど、ピンクリボンは大人ばかりだし、誰もほしいって言ってくれなかったらどうしようってちょっと思っていたんですが・・・

みんながそれぞれレイを手に持って客席の通路に入っていくと、たくさんの方がレイに手を伸ばしてくださいました。

その中に、帽子をかぶり、マスクをした方が何人もいらっしゃって私はハッとしました。

治療中の方だと思います。

2年前の私と同じ姿です。

その方たちが私に「レイをください」と手を伸ばしてくださっている姿を見て、私は胸がいっぱいになり「ああ、ほんとに今日ここで踊れてよかったな・・・」と思いました。

きっと、必ず、お元気になってくださいね。

そう思いながらレイをプレゼントしたんですが、残念ながらレイの数が全然足りなくて、たくさんの方に申し訳ないことをしました。

もっともっとたくさんレイを持っていけばよかった。

そんな後悔が残りました。

10月1日は、私が手術をした日です。

2年後にこんな日がくるなんて、あのときまったく想像できませんでした。

こんな素晴らしい思い出ができたのも、担当者の方、先生や一緒に踊ってくれた仲間、そしてフラを続けさせてくれた家族、支えてくださった読者のみなさんのおかげです。

本当にありがとうございました
20101001173650(1)

今日も読んでいただいてありがとうございます(´∀`*)

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね(*^_^*)
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ランキング
kb0404 at 23:01コメント(4)トラックバック(0) 

2010年10月01日

ピンクリボン無事終わりました(^^)

大成功だったと思います。

私は今日のことを、一生忘れません。

出演を許可してくださった先生、ありがとうございました。

一緒に準備や練習をしてくれたみんな、ありがとう

最高に気持ちよく踊れたね

Rちゃんいわく

「芸能人になったきぶん〜

たしかに(爆)

見に来てくれた友人から「Kさんのスピーチに感動した。みんな泣いてたよ」というメールももらいました。

っていうか自分が一番泣いてたから(笑)

乳癌手術2周年は、とても素晴らしい1日になりました(´∀`*)

今日まで応援してくださった読者のみなさんのおかげです。

本当にありがとうございました

詳しいことは明日以降書きますね。

今日も読んでいただいてありがとうございます(´∀`*)

たくさんの方に読んでいただけて本当にしあわせです

さらにたくさんの方に出会うため、応援のクリックをよろしくお願いいたします。
携帯の方は[画像]というところをクリックしてくださいね(*^_^*)
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ランキング
kb0404 at 21:58コメント(4)トラックバック(0) 

2010年04月19日

今日、リビングの片付けをしていたら仕事の書類の山の中からあるものが出てきました。

あるものとは…

入院中に毎日眺めていたもの。

手術の前に渡された日程表です。

手術後何日でシャンプーが自分でできるとか、全身シャワーがOKになるとか、リハビリが始まるとか、抜糸するとか・・・

回復の予定が書いてありました。

私は自分でそれに日付を入れて、毎日「あと何日で退院できるか」を数えていました。

ひどく懐かしくて、大事な物のように思えてどうしても捨てられませんでした。

まだあれから1年半しか経っていないのに、最近はすっかり入院していたときのことを忘れていました。

「家に帰りたい」って毎日思ってました。

家族はお見舞いにきてくれるけどじゅんくんには会えなくて。

じゅんくんの写真を見ながら泣いた日も。

なんだかすごく遠い昔のような気がします。


今日、英会話から帰宅してマンションの廊下を歩いていてふと思いました。

「家に帰れるってしあわせだな・・・」

外出して家に帰るのって当たり前だと思ってませんか?

でも当たり前じゃないんですよね。

「ガンだったことは忘れてください」って主治医の先生はおっしゃったけれど、忘れちゃいけないこともあります。

健康ってありがたいです。

あ〜今日は久しぶりにまともな記事だ(笑)

追記

最近コメントのお返事がたまりにたまってしまい、どうしようかと考えています。

いろいろいいわけはありますがあえてしません(苦笑)

さかのぼると永遠に追いつきそうにないですし(汗)いきなり今日からお返事をするというのも昨日までコメントしてくださった方に失礼ですよね。

う〜ん、どうしようかな・・

って考えている間に返事をかけって?(爆)



応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 23:14コメント(3)トラックバック(0) 

2009年11月16日

たしか、手術が終わったばかりのときだったと思います。

娘が、「私がお金出してあげるから、再建手術しなよ」と言いました。

「今は保険がきく方法もあって、25万くらいでできるらしいよ」

やさしいやさしいわが娘。

でもそんなお金があったら、母はハワイに行きたいのよ〜(´∀`*)

私が乳癌を宣告されてから、娘はミクシィやらなにやらで、いろいろ情報を集めていたらしいのです。

「ゼンテキすると自信が持てなくて、内向的になっちゃったりするんだって」

そんな娘の心配をよそに、私はますますパワーアップしているような気がします(笑)

なんだか開き直ってしまって、より社交的に、よりずうずうしく・・・(爆)

そりゃあ、初めて鏡で自分の傷を見たときはとてもショックでした。

右の胸は跡形もなくなり、あばら骨が見えています。

リンパもとってしまったので、ワキも少し変形しています。

でも、それを嘆いていたってどうにもなりません。

もう元には戻らないのだから。

ほかの方はどうかわからないけれど、私は片胸であることをまったく気にしていません。

これは、私がガンと闘って生還した勲章なんだ・・・くらいに思っています。

だって別に悪いことをしたわけじゃないし、誰に引け目を感じることもないじゃないですか。

日帰り温泉にだってばんばん行っちゃってるし。

そんなことで私は、自分のやりたいことに制限を設けたくないです。

障害を持っていてもスポーツをやっている方だってたくさんいるし、ピアニストの方だっていらっしゃいます。

何をためらうことがありましょう。

そんな理由でやりたいことをやらなかったら、昨日のテレビじゃないけど本当に後悔してしまいます。

強がりでもなんでもなく、せっかくまた生きていけることになったのですから、前向きに生きていきたいのです。


でも今日、フラの先生が私のためにイベントの衣装を変えてくださったときにはそのやさしさに涙が出ました。

本当はチューブトップの予定だったのですが、ブラウスにしてくださったのです。

きっと今回はイベント会場が狭くて、お客様からの距離が近いからだと思います。

私がご迷惑をかけて申し訳ないとメールをすると、「お天気が雨で寒そうだから」と。゚(゚´Д`゚)゜。

せんせ〜、ありがとうございます(涙)

私はこれから一生片胸のフラダンサーですから、チューブトップだってなんだって着ますよ!

ちょっと二の腕がプルプルしちゃいますけど


やりたいことは、今やらなきゃ

いつかやろうと思っていたら、ずっとやらない。

人間ってそんな生き物じゃないですか?

久しぶりに熱く語ってしまいました(爆)


毎日読んでいただいてありがとうございます。

応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング









































kb0404 at 23:30コメント(8)トラックバック(0) 

2009年10月23日

今日は、手術後1年目の検査でした。

朝からほぼ1日かけて6つの検査をしました。

昨日まではいろいろ気持ちが揺れていましたが、今日になったらすっかり開き直り・・・

やっぱり本番に強い?私です(笑)


エコーで気になったことがあって、ちょっと気分が沈みがちだったのですが・・・

夜フラのレッスンに行ったら、すっかりになりました

本当はどんな検査をしたとか、病院での様子とかを書こうと思っていたのに、気が変わってしまいました(笑)


フラのレッスンをしてたらすごく楽しくて、今日検査をしてきたことさえ忘れていました

特にレッスンの最後に、先月初ステージで踊った曲を練習したら一気にテンションが上がりました(☆゚∀゚)

あのステージでの感動が蘇り、ちょっと泣きそうに・・・。゚(゚´Д`゚)゜。

「笑顔で」と心がけなくても自然に笑顔になっている自分がいました

こんなに心と体に良いことをしているんだから、検査の結果は良いに決まっていますよね


あ〜神様、どうか検査の結果が良くてずっとフラが続けられますように・・・

今日はだいぶ疲れてしまったので、短いですけどこれでおしまいで〜す

みなさん、良い週末をお過ごしください


追記

リコメントが遅れていてごめんなさい

少しずつお返ししますのでもう少々お待ちくださいね

毎日読んでいただいてありがとうございます。

応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング



























kb0404 at 23:03コメント(10)トラックバック(0) 

2009年10月01日

手術をしてから、今日で丸1年経ちました。

去年の今日、手術なのに朝ブログを書いていて、家族に呆れられましたf^_^;

偶然にも今日は、病院の日でした。

じつは私、転院したのです。

今日からちょっと遠い病院に通うことにしました。

理由は一言では説明できないのですが、病院の体制や治療方針が不安になったということが大きな要因です。

転院については、ずいぶん悩みましたが…

自分でいろいろ調べたり、家族に付き添ってほかの病院に行ったりしているうちに不安が大きくなってしまいました。

セカンドオピニオンのときもそうでしたが、先生に承諾していただくのはとても大変でした。

さんざんお世話になっておきながら、いまさら転院したいなんて、人としてどうなんだろうか・・・などとも考え迷いました。

ですが、命に関わることですし、これから一生のお付き合いになるわけで、不安を抱えたままというのはメンタルな面でも良くないのではないかと思いました。

ご存知のとおり私の癌は、他の方とは違って抗ガン剤も効かなかったガンです。

病院によって、あるいは先生によって治療のやり方はまったく違うので、一概にどれがいいとは言えませんが、大切なことは、「心から信頼できるかどうか」だと思います。

そして、治療は受身ではなく「積極的に」やっていくべきだと思うのです。

今日初めてお会いした先生は、若い女医さんでした。

正直にすべてお話したのですが、先生は私の話を親身に聞いてくださり、気持ちを理解してくださり、うれしくて涙が出てしまいました。

この1年ずっと抱えていた不安は、先生とお話している間にすっかり消えてなくなっていました。

そして、なんだか大きな愛で包まれているような気持ちになり、万が一再発するようなことがあっても、「この先生になら命を預けられる」と心から思いました。

そんな素晴らしい先生に出会えたことがうれしくて・・・(涙)

一昨年できたばかりのその病院は、患者さんがゆったりした気持ちでいられるよう、隅々まで配慮されていました。

それもひとつのホスピタリティですよね。

診察の後、病院内にあるスタバでコーヒーを買い、娘と二人でお茶しました。

ガラス張りのラウンジには燦燦と太陽の光が降り注ぎ、心地良いクラシック音楽が流れていました。

「なんだかホテルにいるみたいだね」と娘が言いました。

私はとても穏やかな気持ちで、この1年を振り返っていました。

そんなわけで、術後1年の記念日をこうして元気に迎えられ、ププリエのケーキでお祝いしようと帰宅するとなにやら郵便物が・・・

先月受けた資格試験の合格証書でした

手術から丸1年のこの日に届くなんて、神様もなかなか粋なことをなさいますね

これからも積極的に生きていきますよ〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚

この1年励まし、支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました

引き続き「希望」をよろしくお願いいたします

毎日読んでいただいてありがとうございます。

応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
















kb0404 at 21:20コメント(10)トラックバック(0) 

2009年05月08日

一年前の今日、私はガンを宣告されました。


そして今日、皮肉にもまた病院に行くことになりました。

結論から言うと、やっぱりリンパ浮腫でした。

それに、もうひとつ聞いたことのない病名を告げられました。

「乳房切除後疼痛症候群」

あまり知られていない病気で、専門医は日本に数人しかいらっしゃらないそうです。

簡単に言うと、手術で傷つけられたどこかの神経が痛んだり、むくみを引き起こしたりするというものです。

まあ、あれだけ広範囲に切除したのですから後遺症が出ても不思議ではありません。

リンパ浮腫だけだと痛みはないそうですが、私は痛みもあり、ほかの症状などから上記も併発しているそうです。

でも幸い、どちらもまだ軽症です。

ひどくなると腕が動かなくなったりするそうですが(^_^;)

現在はまだ抗がん剤治療をしていることもあり、薬での治療はしないことにしました。

次回、マッサージのしかたを教えてもらいます。

とても親切、丁寧で、感じの良い先生で感激しました。

帰りにふとカウンターを見ると、見覚えのある本が…
なんと、私が持っている本を書かれた先生でした

「よかった」と言える結果ではありませんでしたが、ガンに比べたらどうってことないですよね

生活では死ぬまでずっと注意が必要ですが、とりあえず入院もしないし、仕事もできます。

痛みもあったりなかったりなので、今のうちにマッサージを習慣づければ悪化しないで済むでしょうと先生もおっしゃってました。

今日一日、去年のことを思い出して憂鬱な気分で過ごすのかと思ったのですが、実際には忙しくて、何も考える余裕がありませんでした(笑)

追記

今日から3日間、神田明神のお祭りです。
うちの会社は最寄り駅はアキバですが、住所は神田なんですよ。
ですから、会社のまわりには、町内ごとにこんなふうにおみこしが置いてありました。
omikosi
神田明神の次は浅草の三社祭り、下谷神社のお祭り・・・とそうこうしているうちに夏になってしまいます



【交流会のお知らせ】

5月17日(日)10時40分〜
bokushiさんの教会で開催させていただきます。
詳しくは4月28日の記事をご覧ください。

参加してくださる方は、メールのタイトルに「交流会参加希望」と書いて
        info@kbsystem.jp(弊社代表メール)まで。
ご質問等もこちらまでお願いします。

毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 23:22コメント(16)トラックバック(0) 
スポンサードリンク
お問い合わせ

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • レッスンからの〜〜ハワイアンライヴ(*≧∀≦*)
  • レッスンからの〜〜ハワイアンライヴ(*≧∀≦*)
  • レッスンからの〜〜ハワイアンライヴ(*≧∀≦*)
  • レッスンからの〜〜ハワイアンライヴ(*≧∀≦*)
  • レッスンからの〜〜ハワイアンライヴ(*≧∀≦*)
  • レッスンからの〜〜ハワイアンライヴ(*≧∀≦*)
キエレの会社
Recent Comments
記事検索
Archives