2009年10月09日

おひとりさま

一緒に入院していてお友達になった年上の方のご主人が亡くなりました。

ご高齢で、ご病気でもあったのですが、不自由な体で奥様をお見舞いにいらしていて、何度かお会いしたことがありました。

今日、そのお友達から電話があり、1週間前に亡くなったとのことでした。

その方は、もうお子さんたちが独立していて、ご主人と二人暮らしでした。

ということは、これからはお一人で暮らしていくということですよね。

私と同じ病気でまだ治療中なので、さぞかし心細いことと思います。

そんなことを考えていたら、とてもやりきれない気持ちになりました。

でも、核家族化がすすんでいる今、年をとれば夫婦ふたりきりになり、どちらかが先に亡くなるのは珍しいことではないですよね。

意外とそういうことって、普段考えていないかもしれません。

「おひとりさまの老後」という本が流行りましたが、私はまだ読んでいません。

他人事だと思っていたのかもしれません。

家に帰ったら家族がいること・・・

それも当たり前じゃないって思えば、もっと感謝できますね。

お友達のお悔やみで、いろいろなことを考えさせられた日でした。

ご主人のご冥福をお祈りいたします。

毎日読んでいただいてありがとうございます。

応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング

















kb0404 at 23:22コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by どんぐり   2009年10月10日 01:52
こんばんは。

一人になったらどうしようなんて普段は考えませんが近親者でそういうお立場になられたかたがいらっしゃいました。
やはり家族のありがたみを感じました。
何と声をかけていいかわかりませんでした。




ご主人のご冥福をお祈りいたします
2. Posted by アキバの希望   2009年10月13日 11:19
家族がいるのが当たり前ではないんですよね。
一緒にいて、支えてくれることに感謝すれば不満もなくなってしまいます。
どんぐりさんはまだ老後の心配は早いですよね(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
お問い合わせ

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • 春を探しに!
  • 春を探しに!
  • 春を探しに!
  • 春を探しに!
  • 春を探しに!
  • 春を探しに!
キエレの会社
Recent Comments
記事検索
Archives