2009年06月

2009年06月30日

今日は抗ガン治療の日でした。


点滴室で、去年の今頃向かいのベッドだった方に会いました。

私と同じ3週間に一度の治療を始めたそうです。

先に退院なさったので、私のその後をずいぶん心配してくださっていたそうです。

抗がん剤が効かなくて、手術ができないと噂で聞いていたとか。

「元気そうでよかったわ〜」と、とても喜んでくださいました。

じつはその方が、入院前にフラダンスを習っていて、発表会の写真を見せてくださったんです。

華やかな、楽しそうな写真を見て、もし元気になれたらやってみたいと思いました。

そして、その思いが叶い、いま私はフラダンスを習っています。

一年前には想像できなかった自分です。

生きてるっていいな。


これから副作用で具合が悪口なりますので、今日は早めに更新しました。

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング






kb0404 at 14:32コメント(4)トラックバック(0) 
乳がん闘病生活 | 闘病

2009年06月29日

昨日、「たしかそろそろだったな」と思って去年の記事を読み返してみました。


案の定、「今日、髪が全部抜けました」と書いてありました。


他の方より抜けるのが遅くて、2回目の抗ガン治療とちょうど重なりました。

副作用に苦しみ、気分もどん底でした。

悪いことは重なるもので、会社でも問題が起き、これでもかというくらいの試練でした。

何も食べられず、点滴だけで生きていて、泣きながら母に電話をしたことを今でも覚えています。

こんなに苦しむのなら、死んでしまったほうが楽なんじゃないかと思った頃です。

1年前の記事は、正直読むのもつらいのですが、必ずコメント欄まで読みます。
感謝の気持ちを忘れないためです。

そこには、今も私を支えてくださっている方々のコメントがあるからです。

私はその方たちに支えられて、癌から生還できたのです。

今でもコメントを読むたび、胸が熱くなります。

病院のベッドの上で何度も何度も読み返したコメント。

この方たちの気持ちに応えたい。

それが私の「希望」になりました。


私がこうして元気で、毎日記事を更新することが恩返しになるといいなと思っています。

そして、同じ病気で苦しむ人を、今度は私が支えてあげたいと思います。


明日は抗ガン治療の日です。

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング





kb0404 at 22:56コメント(3)トラックバック(0) 
乳がん闘病生活 | 闘病

2009年06月28日

ガンになってよかった。

今日、久しぶりにそう思えました。


今日は資格の学校の日でした。

毎回いろんな方が講師でいらっしゃるのですが、今日は薬剤師であり、アロマセラピストであり、生活習慣病予防指導士でいらっしゃる先生でした。

先生は以前製薬会社に勤務されていて、西洋医学に洗脳されていたそうです。

でもご自身が病気をされたことから、代替医療に目覚め、ホリスティック医療を勉強されるようになったそうです。

先生のお話はとても私の心に響いて、何度も泣きそうになってしまいました。

講義の最後に先生がおっしゃいました。

「ご自分やご家族が病気を経験している人ほどこの資格を取ってほしい」と。

病気の人の心の痛みがわかるからだそうです。

そして先生は私に、「あなた病気になってよかったわね」と…

じつはその前に、資格を取得しようと思った動機を聞かれて、自分が大病をしたのでうんぬんとお話してあったのです。

先生の言葉に感動してまた涙が…。゚(゚´Д`゚)゜。

一緒に勉強している方たちは、アロマセラピストだったり、健康食品の会社にお勤めだったりして、まだ専門分野を持っていない私は、自分には何ができるのかと考えあぐねていました。

でも先生の一言で、自分にしかできないことがあると気づきました。

病気になってしまった方や、そのご家族の気持ちが、私は理解できます。

「指導士の仕事は、クライアントさんの人生を輝かせるためにあるんです。」

素晴らしいと思いませんか?

死に直面し、どん底をさまよった日々を無駄にはしません。

私は、失った右胸の代わりにたくさんの学びを得ました。

手術の前日にここで誓ったとおり、人の役に立つ人間になりたいです。

改めてそう思いました。


だから私、ガンになってよかった。


気づかせてくださった先生、ありがとうございました。

追記

今日は主人もお休みだったので、私が出かける用意をしていたら一緒におでかけできると思ってソワソワしていたじゅんくん。

私がでかけた後の写真、寂しそうで可愛そうになりました。
0628

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング








kb0404 at 23:13コメント(6)トラックバック(0) 
乳がん闘病生活 | 闘病

2009年06月27日

今日は、都内にあるリンパ浮腫の専門の病院に行ってきました。

一昨日から右腕の感覚がおかしくて、手術の傷跡も痛んだりしていました。

腕の内側に10円玉くらいのふくらみがあったんですが、それが昨日見たら大きくなっていました。

もしかしてリンパ浮腫が悪化・・・

心配になって病院に行きました。

でもエコーで検査したところ、異常ありませんでした

先生がおっしゃるには、前回より腕全体のむくみは少なくなっているそうです。

そのため、むくみが部分的に残って目立っているだけでしょうということでした。

よかった(*´Д`*)

前回、セラピストの方にリンパマッサージのやり方を教えていただきました。

それを地道に毎日続けていたんです。

「悪化することはあっても、完治することはありません」

先生にそう言われたときは、正直すごく落ち込みました。

もう一生健康な身体にはなれないと、記事にも書いたような気がします。

でも、考え方を変えました。

「きちんと予防していれば、悪化はしないんだ」と。

右手を使ってはいけないと言われても、右利きなのでそれは無理です。

でも重いものは左手で持つとか、日焼けしないようにとか、虫に刺されないようにとか、常に気をつけています。

そして、自分でマッサージをするようになり、いつも頑張ってくれている自分の身体をいたわってあげることって大切だなと思うようになりました。

機械だってメンテナンスをきちんとすればいつまでも壊れずに動いてくれますよね。

人間だってきっと同じ。

自分の身体のことは、自分が一番わかるのだし、自分しか大切にしてあげられないんです。

お金を払って人にやってもらうのもいいけれど、自分でやると身体に対して感謝の気持ちが持てるような気がします。

先日見学に行った心療内科の先生がおっしゃってました。

「筋肉というのは、硬くなろう、硬くなろうとする性質があるんです。だから放っておくと身体はどんどん硬くなります。」

身体が硬くなると、心も硬くなるんですって

心はいつも柔軟でないと、人生のいろいろな出来事に対応できませんよね。

・・・・ということで、最近はマッサージのほかにストレッチも始めました。

みなさんも、普段酷使している身体をきちんとケアしてあげてくださいね

追記

また薔薇を買ってしまいました。

もうベランダがお花と野菜でいっぱいです
薔薇
現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング








kb0404 at 23:31コメント(4)トラックバック(0) 
闘病 | 健康・ストレス

2009年06月26日

マイケルジャクソンさんの悲報、驚きましたね。

世界中のみんなが、まだ信じられないでいるのではないでしょうか。

あまりにもあっけなく、彼は逝ってしまいました。

まだ50歳の若さでした。


悲報に触れて思ったこと。

人の命って儚い・・・ということ。

今病気に苦しんでいる人は、先のことが不安でしょう。

でも、人間なんて、いつどうなるかわからない。

健康な人だって、いつ死んでしまうかわかりません。

明日がくるかどうかは、わからないんですよね。

だから、先のことを心配するより今日、この日を大切にしよう。

今、目の前にいる人を大切にしよう。

今生きている、この時間を大切にしよう。

そんなことを思った一日でした。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

ご訪問、コメントありがとうございます。

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング









kb0404 at 23:47コメント(10)トラックバック(0) 
闘病 | 健康・ストレス

2009年06月25日

jyuriann
リビングの窓辺に置いてある植物の花が咲きました

たぶん「ジュリアン」という花ですよね?

昨年の母の日に、主人がプレゼントしてくれたものです。

今年、春になってもいっこうに咲かないので、「もう枯れたんじゃないの?」などと家族に言われていました。

でも葉や茎はとても元気だったので、私はあきらめずにお水をあげていました。

それが、今日帰宅したらひっそりと咲いていたんです

その花を見ながら思い出した言葉がありました。


「置かれたところで咲きなさい」


これはある雑誌の「40代がグッとくる名言」という特集にあった言葉です。

一般の人からの投稿で、たくさんあったのですが、私はこれに一番「グッときた」んです。

ミッションスクールのシスターの言葉だそうです。

なぜ「40代がグッとくる」なのかはわかりませんが・・・

たしかに40代の私はグッときました(笑)


人はいろいろな環境におかれていますよね。

自分の環境に100%満足することってもしかしたら不可能かもしれません。

だって、もし宝くじが当たって、もう働かなくても良くなって、お手伝いさんを雇って家事もしなくて済むようになったとしたら・・・

それはそれで退屈かもしれないし(*'-'*)

南の島に行ってのんびりしても、1ヶ月もいたら飽きてしまうかもしれないし( ̄ー ̄)

人間の欲望には限りがないんですって。

どんな環境におかれても、常に100%満足はできないんです。

だから「不平や不満」があるのは、ある意味当たり前だということですよね。

でも、植物は不平不満を言いません。

「こんな場所じゃいやだ」とは言いません。

人間に与えられた場所で、一生懸命咲こうとします。

この花のように春になってみんなと一緒に咲けなくても、少し(だいぶ?)遅れて咲いたりします。

「置かれたところで咲きなさい」

そう考えると、なかなか深い言葉ですね。

40代じゃない方も、グッとくるでしょうか?(笑)

ご訪問、コメントありがとうございます。

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング





kb0404 at 23:15コメント(12)トラックバック(0) 
闘病 | 

2009年06月24日

国立がんセンターの先生方が、「ガンになったら手にとるガイド」というものをお作りになったそうです。

ガン患者60人に協力してもらったということでした。

NHKのニュースで見たのですが、その中で街頭インタビューをしていました。

健康な人に「ガンになったらどう思いますか?」と聞いていました。

「あとどのくらい生きられるか心配になりますね」

「夫もいるし、子供もいるし、困りますね」

「サラリーマンなのでいつ復帰できるのか不安になります」

このインタビューって必要だったのでしょうか?

そういう不安のフォローをするためのもので、とてもいいものだということを言いたかったのでしょうが、今実際にガンと闘っていらっしゃる方がご覧になったらどんな気持ちになったでしょうか。

私はもう今はガンじゃないと思っていますが、それでもとてもいやな気持ちになりました。

その街頭インタビューの後に、製作に協力したという元患者さんもお話されてました。

それだけで十分だったと思うのですが・・・

たしかに、ガンになったらいろいろなことが不安になります。

情報が欲しくて、私も何度ネットで調べたかわかりません。

国立がんセンターのサイトはとてもわかりやすく、親切だと思います。

そのガイドも、とても良いものかもしれません。

でも・・・

もう少しガン患者の方に配慮のあるニュースにしてほしかったと思ったのは私だけでしょうか?

ご訪問、コメントありがとうございます。

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング




kb0404 at 23:28コメント(4)トラックバック(0) 
乳がん闘病生活 | 闘病

2009年06月23日

今日はとっても暑かったですね〜

私の住んでいる町は、あの有名な「熊谷」に近いです。

真夏には40度を超えるという・・・

今日の最高気温は全国で2位だったそうです

どうりで・・・

今日も病院に行ってきたのですが、車から降りるとモア〜ッとした空気で、「これは軽く30度を超えてるだろうな・・・と思いました。

でも考えてみたら、こうして「暑い」とか「寒い」とか感じられると「生きてる」って実感できるものですね。

去年の今頃は入院していたので、いつも室内は一定の温度に保たれていました。

暑くもなく、寒くもない。

なんとも快適な温度でしたが、生きている実感もなかった気がします。

ハウス栽培のおかげで、今は1年中いろんな野菜や果物が食べられますよね。

でも「旬の物」をいただくのが、身体には一番良いそうです。

夏野菜には身体を冷やす作用が、冬野菜には身体を温める作用があるからです。

そして「お取り寄せ」で有名産地のものをいただくより、自分の住んでいる土地で取れた物を食べるのがベスト。

同じ風土で育った物だから、身体に合い栄養になりやすいとか。

最近はスーパーでも農家の方の顔写真入りで、地元の物を売っていたりしますね。

エアコンのおかげで夏涼しいのはとてもありがたいですが、冷えは女性ばかりでなく男性にとっても良くないんですって。

内臓の温度が下がると免疫力が下がってガン細胞が繁殖しやすいそうです(汗)

より自然に近い形で生きていくのが身体には良いということですよね。

それにしても熊谷は暑すぎます

追記

先日行った近所のあやめ園に咲いていました。

黄色から「しあわせ」をイメージするのは昔見た映画のせいでしょうか?

ゆり

ご訪問、コメントありがとうございます。

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング














kb0404 at 23:24コメント(10)トラックバック(0) 
闘病 | 乳がん闘病生活

2009年06月22日

今日は、2回目の施設見学で赤坂にあるクリニックに行ってきました。

内科、心療内科、精神科と書いてありましたが、前回行った心療内科とはまったく違う雰囲気でした。

ビルの中にある、ごくごく普通のクリニックという感じです。

ここでもカウンセリングやアロマセラピーを実施しているということでしたが、今日は「動脈硬化」と「自律神経」の測定を体験させていただきました。

動脈硬化って、自分ではどのくらい進んでいるのかわかりませんよね?

両腕と両足の4箇所の血圧を特殊な機械で測って、血流がどのくらいのスピードであるかを調べるんだそうです。

けっこう楽しみに?していたのですが、私は計測不能でした。

手術で右のリンパ節を全部摘出しているので、右腕で血圧は絶対に測ってはいけないとお医者様に言われているんです(泣)

「ああ、私は普通の人と違うんだ・・・」と思ってちょっと凹みました

次に、自律神経の測定。

血中酸素を測るときのような指にはさむ機械で、脈拍から交感神経と副交感神経の状態がわかるんだそうです。

こちらは・・・

「不健康」が証明されてしまいました。

ある数値が29だったのですが「20〜30は要注意、20以下は専門医に相談を」
とありました(汗)

自律神経の全体的な活動やストレスへの対処能力も他の方に比べてとても低い数値でした。

測定の順番を待っている間に、自分で生活習慣のチェックシートのようなものをやっていたのですが・・・まずいです

運動の項目が・・・

周りの方と見せ合ったりしたのですが、やはり健康意識が高く、生活習慣もきちんとしている方は自律神経の働きも素晴らしい結果でした。

自律神経は健康であるためにとても重要ですもんね。

まあ、健康な方たちと一緒に体験したのでしかたないのですが、「私って健康じゃないんだな〜」と思い知った1日でした。

でも落ち込んではいないのでご心配なく。

無理もないですよね・・・
まだ治療中だし・・・

病気になる前に多くの方がこの測定を受けてくれたらいいのにな〜と思いました。

今日見学したクリニックでは、定期的に「森林養生プログラム」というのをやっているそうです。

そういえば、自律神経の測定結果が模範的だった方が「田舎に住んでるからですよ」
っておっしゃってました。

そっか〜

今でも十分田舎だけど、もっと田舎に引っ越さなきゃ(*´Д`*)

追記

上野のお花やさんにて。

今日のおすすめはこのお花だそうです。
ダリア


ご訪問、コメントありがとうございます。

現在治療中のため、体調不良等でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング



kb0404 at 23:22コメント(6)トラックバック(0) 
乳がん闘病生活 | 闘病

2009年06月21日

今日は父の日でしたね。

みなさん、ちゃんと感謝の気持ちを伝えましたか?

私は買ってあったプレゼントを持って実家に行きました。

父へのプレゼントはポロシャツ。

それと、「元気な私」

去年の父の日は入院中でした。

父はどんなに心配していたことでしょう。

父は、4回の入院中1度もお見舞いにきてくれませんでした。

きっと私の姿を見るのが辛かったのだと思います。

子供の頃は厳格な父がすごく怖かった。

でも、とても愛されていたと今になって思うのです。

年々小さくなっていく父の背中を見るのはつらいです。

けれど、こうして元気な姿を見せることができて本当によかった。

私が元気で、平和に暮らしていることが、最大の親孝行だと思っています。

本当は疲れてちょっと体調不良だったのですが、「元気だから安心して」と言ってきました。

お父さん、いつも心配ばかりかけてごめんね。

来年もまた元気な姿を見せるから、お父さんも元気でいてね。

追記

先日の円山公園のあじさいです。

こんな色も綺麗ですね
あじさい

ご訪問、コメントありがとうございます。

現在治療中のため、体調等の理由でリコメントできない場合がありますがご容赦ください。

記事がお気に召しましたら応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング














kb0404 at 22:36コメント(4)トラックバック(0) 
乳がん闘病生活 | 闘病
スポンサードリンク
お問い合わせ

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • ホイケ(発表会)に向けてー(≧∀≦)
  • ホイケ(発表会)に向けてー(≧∀≦)
  • フラネーションのステージ写真(後編)
  • フラネーションのステージ写真(後編)
  • フラネーションのステージ写真(後編)
  • フラネーションのステージ写真(後編)
キエレの会社
Recent Comments
記事検索
Archives