2009年01月

2009年01月31日

深呼吸、してますか?




ガンになってから、健康に関する本も読むようになりました。

深呼吸ってすごく体にいいんですって。
体だけでなく心にも。

ふか〜く息を吸うと酸素が体の隅々までいきわたって、細胞が活性化されるらしいです。

そして、できるだけなが〜く、ゆっくりと息を吐くことが大切。

そうすると副交感神経が優位になって、リラックスできるんだそうです。

普段、呼吸のことなんてあまり気にしていませんよね?
でも緊張したり、ストレスがあったりすると呼吸って浅くなってるらしいです。


私は、以前にも書きましたが、朝起きるとベランダに出て、お花たちに水をあげて
深呼吸を何回かします。

やっぱり深呼吸するなら部屋の中より、外の空気のほうがいいと思いません?
そして夜より断然朝ですよね。

入院中に、外の空気が吸いたいと記事に書いたことがありました。
窓が15センチしか開かなくて・・・
みなさん覚えてらっしゃるでしょうか?

ちなみにそのときの記事です↓
15センチのしあわせ

あの頃に比べたら、外の空気を思う存分吸うことができる、今はとてもしあわせです。

最近、しあわせを見つけるのがうまくなったかな


昨日、娘が旅行から帰ってきました。
私が良いところだと言ったので、彼と館山に行ってきたんです。
そして、私におみやげを買ってきてくれました。
買ったときはまだ全部蕾だったそうです。

ポピー1

この写真を撮ったのは昨日の夜なんですが、今日の昼間(14時間後くらい)に撮ったのが次の写真です。
こんなに咲いていて、びっくりしました














ポピー2

ねぇ〜お花だって生きてるんですよ
知っていたけど、写真を見比べていたら、「命」ってすごいなって思いました。

お花も深呼吸するかしら。

窓を開けて、外の空気を吸わせてあげるね。

みなさんも、ぜひ深呼吸、習慣にしてみてください




追伸
じゅんくんは、ゆうべから少しごはんを食べるようになり、今日は昨日よりだいぶ元気になりました。
ご心配いただきありがとうございました。
でもいまだに原因は不明です


毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 16:22コメント(6)トラックバック(0) 
闘病 

2009年01月30日

2日前から、じゅんくんの具合が良くないんです。




一昨日の夕方、急に吐いてしまって、たぶん胃液だけだったと思うんですが、それからずっと食欲がありません。


翌日の明け方にも少し吐いてしまったのですが、何か変なものを食べさせてしまった憶えもないし、下痢はしていないので様子を見ていました。

ゆうべは大好きなバナナもヨーグルトも口にせず、ただ私にぴったりくっついていて。

私が夕食を作っている間も、ずっと足元でうずくまっているんです。

じゅんくんは、雷や花火の音が怖くて、そういうときは自分で洗面所に避難するのですが、ゆうべは雷でもないのに洗面所に行ってしまいました。
私がそばに行くと「ずっと一緒にいて」という顔をするので、私も一緒に洗面所に。

何も食べないでぐったりしているので、「じゅんくんが死んじゃったらどうしよう」と私はひとりでメソメソしていました。

娘は火曜から旅行に行っていていなかったし、主人は毎日帰宅するのが11時とか12時だし・・・

息子はいつも部屋にいる時間が多いので、ここ数日間は私とふたりっきりだったわけですが。

最近は、昼間私がでかけようとすると、とても寂しそうな顔をするようになっていました。

もしかして、じゅんくん寂しいの?


病院に連れて行こうかどうしようか迷っていたのですが、今日連れて行ってきました。


なんともないそうです。


先生がおっしゃるには、「犬も精神的なことで、吐いたり下痢したりすることもありますからね」

精神的なこと・・・


じゅんくん、どうしたのかな・・・

ママはじゅんくんの気持ち、わかっているようでやっぱりわからないよ。
わかってあげたいけど、全部はわからない。

そんなこんなで、私もちょっと元気がないです。

お気に入りの場所、リビングの窓際のテーブルの下
じゅんくん

毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 19:24コメント(10)トラックバック(0) 

2009年01月29日

「若いときの苦労は買ってでもしろ」ってよく言いますよね?



本当にそうだと思いませんか?

この年になって、しみじみそう思います。

今日、娘とあまり変わらない年頃の友人と、久しぶりに会いました。
ガンになって以来初めて会ったのですが、彼女は私の知らないうちに新しい道を歩み始めていました。

いろいろと話を聞いているうちに、「あ〜懐かしいなぁ・・・」って思いました。

私にもそんな頃があったなと。
もう○十年前になりますが・・・。

その頃は、毎日無我夢中で、一生懸命に生きていた。
(今も一生懸命に生きてますが・・・

若い頃って、今思うと右も左もわからないまま歩いている感じですよね。

それで転んでケガをしたり、道に迷ったりして・・・
でもそれって絶対に後になって自分のためになると思うんです。

私もいろいろありましたが、全部今の自分にプラスになってます。

人生は、思い通りにならないことばかりです。
それが当たり前。

入院中に記事に書きましたが、私たちは思い通りにならないことを経験するためにこの世に生まれてきているんだそうです。

だから、壁にぶつかったときは「どうして私ばっかり・・・」と思わずに、頑張って乗り越えましょう。

「どうして私ばっかり・・・」って思うとよけい落ち込んでしまうので。
(私は何度も経験済み

これから先、いろんなことがあると思うけれど、いつか笑い話になる日がくると信じて、前向きに生きましょう。

だって、本当に笑い話にできる日がくるんですよ。
年をとっている人たちは知っていますよね

ちなみに「若いときの苦労」というのは何歳くらいまでを言うんでしょうか?
自分を若いと思いたいけれど、もう苦労はあんまりしたくない私です
(´−д−;`)

とにかく、新しい人生を歩き始めた彼女に、エールを送ります。
がんばれ〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚

追伸
友人が快気祝いに花束をくれました。
思ってもいなかったので、すごくうれしくて写真撮りました。
私の好きなお花ばかりです。
どうして知っていたのかな?


e240d3cd.jpg


毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 19:24コメント(8)トラックバック(0) 

2009年01月28日

昨日、新聞の小さな広告でとても印象に残る言葉を見つけました。




「このままだと、このままだ」



当たり前じゃないかって?
そう、当たり前です。
でもとっても奥が深いなぁ〜と思って私は何度も口に出してみました。


みなさんそうだと思うんですが、自分の環境とか、性格とか、生活習慣とか、なにか変えたいものってありますよね。

「このままじゃいやだ」と、そう思うこと、ひとつくらいありますよね。
え?ひとつじゃなく、全部変えたい?
まぁ、そういう方もなかにはいらっしゃることでしょう


でも、この言葉にあるとおり、このままだとず〜っとこのままなんですよ。

このまま何もしなければ。

どんなに良い本を読んでも、「あ〜いいこと書いてあった」で終わってしまってはだめなんです。

昔の私がそうでした。
「このままじゃいやだな〜」と毎日思っていたのに、そのいやなことを変えるために何もしませんでした。

だから、何年もず〜っとそのままでした(笑)

べつに、いきなり大きなことを始めなくてもいいと思うんです。
小さなことでも、何かひとつでも、今までやっていなかったことで自分のためになると思うことを始めてみませんか?

うまくいかなくてもいいと思います。
3日坊主になってしまったら、また違うことに挑戦すればいいし。

いろいろやっているうちに、自分に合ったものが見つかるかもしれません。

「環境を変えたかったら、まず自分が変わること」ってよく言いますよね。
本当にそうだと思います。

先日も友人と話したのですが、しあわせになる秘訣は「素直になること」だと。

大人になれば誰しも自分の考えを持っていて、他人に言われたことを素直に受け入れられないことが多いですよね。

でも問題の渦中にいるときは、目も閉じてしまっているし、耳もふさいでいます。
だからそこからいつまでたっても抜け出せない。

なんだか偉そうなこと言ってしまいましたが、かのガネーシャもおっしゃっているじゃないですか。

「2000パーセント成功できへん秘訣。それは他人の意見を聞かないことや」って。

「このままじゃいやだ」という方はぜひいろんな方の意見を聞いて、将来の自分のために何か始めましょう。

「棚からぼたもち」は人生にはありえないと、私は思っています。

なんでも1日1日の積み重ねです。

違うでしょうか?


毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 15:08コメント(8)トラックバック(0) 
夢・目標 

2009年01月27日

今日で、副作用の強い抗がん剤での治療が終わりました。



思えば今日まで、とても長い道のりでした。


先日、「記念写真」の記事を探して6月末くらいの記事をいろいろ読んでみたのですが、重い内容でしたねぇ(-.-;)


きっと読んでくださるみなさんも重たい気持ちになっていたことでしょう(>_<)


それなのに毎日読んでくださり、私を支えてくださったこと、本当に感謝しています。


まだまだ長い道のりの途中ですが、これからは少し荷物が軽くなります。


一度死んだと思って、悔いの残らないよう、やりたかったことをどんどんやっていこうと思います。


これからも応援よろしくお願いいたします


追伸
今日は副作用でちょっとつらいので、昨日いただいたコメントのお返事は明日させていただきますm(__)m


毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 20:31コメント(8)トラックバック(0) 
闘病 

2009年01月26日

久しぶりに良い本に出会ったのでご紹介します。
一日一生 (朝日新書)一日一生 (朝日新書)
著者:天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉
販売元:朝日新聞出版
発売日:2008-10-10
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


もう何日も前に読み終わっていたのですが、うまく説明する自信がなくて記事にできずにいました。

この本は朝日新聞の夕刊に掲載されたコラムを書籍化したものだそうです。
著者は、酒井雄哉さんという方で、比叡山延暦寺の大阿闍梨という大変位の高いお坊さんです。

酒井氏は結婚後まもなく奥様が自殺され、波乱万丈の人生の末、40歳で出家されました。

みなさんは比叡山の「千日回峰行」という修行をご存知でしょうか?
約7年間かけて比叡山中を1000日間回峰巡拝する修行です。
白装束で、自害用の短刀を身につけ、途中で挫折したら自害しなければならないという厳しい修行だそうです。
特に最後の9日間は不動堂に籠もり、断食、断水、不眠、不臥(横になってはいけない)という状態で、不動明王の真言を10万回唱えるのだそうです。

・・・と言葉で言ってしまえば簡単ですが、とても人間にできることじゃないような気がします。

酒井氏はこの修行を、2回も満行してらっしゃる方です。

以前にこの修行の様子をNHKの番組で見て、ずっと心に残っていました。
その方が本を出されたというので、急いで買いに行ったわけです。

そしてどんなに厳しい教えが書いてあるのかと思ったら、予想していたのとはまったく違う内容でした。

一言でいうと、「穏やかな気持ちになれる本」です。

タイトルにある「一日一生」とは、「一日を一生だと思って生きなさい」ということ。
今の私にはとても重みのある言葉です。


今日の出来事を明日まで引きずらない。
明日は明日で、生まれ変わった気持ちで生きる。
人間は毎日毎日生まれ変わっている。
一日として今日と同じ日はない。


そしてこんな一節もあります。

「どんなひどい目にあっても、時間がたてば必ずいろいろなことがあったなぁと思えるときがくるよ。
後になってから意味がわかることもある。
だからあせることも自分をだめだと思うこともないよ。
目の前のことをただ一生懸命やるだけ。」


「しあわせも不幸もどこかから勝手にくると思えば、良くないことがあると人のせいにして、「自分だけがなぜこんな目に・・・」と思ってしまう。でも目の前の状況は自分のしたことの結果が巡り巡ってきたものと思うと、しっかり受け止めて、これからは良いことをしていこうと思えるのではないだろうか。」


とても身分の高い方なのに、ちっとも上から目線でなくて、「・・・じゃないかなぁ」なんていうやわらかい感じの文章が多いです。

地元では「大阿闍梨様、もっと偉そうに振舞ってください」と言われていらっしゃるそうですよ。

コラムとして掲載されていたので、ひとつのお話が4ページ位の構成になっています。

ですのでちょっとした時間に読めますし、難しいことは少しも書いてないので普段あまり本を読まない方にもお勧めです。

私は毎日寝る前に読んでいました。
穏やかな気持ちで一日を終える事ができるからです。
「もっと読みたい!!」という気持ちを抑えつつ、少しずつ読みました。

苦しみの中にある方は特に、そうでない方も機会があったらぜひ読んでみてください。

心に残る言葉が、必ずあると思います。

毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 12:18コメント(12)トラックバック(0) 
本の紹介 

2009年01月25日

昨日、とても良いお話を聞いたのでご紹介しますね。



昔、マザーテレサが貧しい家庭の人たちにパンを配りに歩いていたときのこと。
その家庭は8人家族でした。
マザーがあげられるパンはひとつだけでした。

マザーが母親にパンを渡すと、母親はパンをふたつに割って半分を持って隣家に行ったそうです。

彼女は言います。
「私の家だけでなく、お隣の家の方ももう何日もろくに食べていません。
今日食べなかったら小さい子供は死んでしまうかもしれません。
半分にしたら、うちは1人の食べられる量は減ってしまうけれど、誰も死ななくて済みます。」

どうですか?
私はこの話を聞いてとても感動してしまって、今の時代に必要なのはこういう思いやりなのではないかと思いました。

不景気だと誰もが自己中心的になりがちだそうです。
自分だけがよければいい、そんなふうに。

でもこの母親は、自分の家族のパンの量を減らしても、みんなが食べられるほうを選んだのです。


こんな時代だからこそ「今はみんなで我慢して助け合おう」というのが理想ですよね。

今の日本は、私なんかが一言で言えるような状況ではないのですが、このお話のような気持ちを一人ひとりが持っていれば、いずれ日本も良くなるのかなぁ〜なんて考えたのでした。

「大変なのは自分だけではない」
それだけはいつも頭に入れておきたいものですね。

追伸
リビングでひなたぼっこ中のじゅんくん。
なんともいえず、しあわせそうです
BlogPaint

毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 13:54コメント(7)トラックバック(0) 

2009年01月24日

たまに「かわいそうだね」とか「大変だね」とかって人に言われます。



本当に私のことを思って言ってくれるんですけど、私は「なんで?」って思います。


右の胸がないから?
普通の下着がつけられないから?
ぴったりした服が着られないから?
じゅんくんのこと抱っこできないから?
もう右手で荷物が持てないから?
あと一年治療しなきゃならないから?
一生再発に怯えなくちゃならないから?


数えたらきっともっといろいろあるでしょう。


でも私は、ちっともかわいそうじゃないし、大変でもありません。


みなさん覚えていらっしゃいますか?


入院して、抗がん剤で髪が抜けて、絶望のどん底にいたとき、記念写真を撮りました。
そのときの記事はこちら


いまがどん底だから、つらくなったら見て思い出すようにと。


おかっぱ頭のかつらで、いま見ると笑っちゃいます
でも撮っておいてよかった。


死の恐怖に怯えていたあの頃に比べたら、いまの私はかわいそうなことも大変なこともありません。

今まで悩んでいたことなんて、全部たいしたことじゃなかったって思えます。

そして、これから先も、つらいことがあったら思い出そうと思います。


みなさんもどん底のときに写真を撮っておいてはいかがですか?


きっと強くなれますよ

追伸
大勢の祈りは力になるっていつかどなたかがコメントしてくださいました。
大勢の方の祈りによって私は元気になりました。
明日、資格の試験を受ける方がいます。
合格できるよう、みなさんもお祈りしてあげてくださいませんか?


毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 22:22コメント(8)トラックバック(0) 
闘病 

2009年01月23日

今、とっても雪が見たいです。



先日、「いい旅夢気分」という旅行番組で石川県の温泉をやっていたのですが、雪を見ながら露天風呂に入っていて「あ〜これいいなあ」って思いました。


私の住んでいる埼玉県では、めったに雪は降りません。
降っても1年に1回か2回?
最近は温暖化のせいかまったく降らない年もあるような気がします。

関東で雪が降ると、すぐに電車が止まってしまったりして、雪はなんだか迷惑がられている感じ。

でももし今旅行に行くなら、雪のあるところがいいな〜
(飛行機が飛ばないとかは困るけど・・・)

ちなみにうちの車にはチェーンもスタッドレスもないので、車では行けないのですが・・・。

雪の降る街に住んでいる方がうらやましい(*´Д`*)
なんていうと豪雪地帯に住んでいらっしゃる方に叱られそうですね
きっと雪かきとか大変なんでしょうね。
ものすごく寒いんでしょうし・・・

そんなことを考えていたら、「結局人間なんてないものねだりなんだ」という結論に。

自分が持っていないものはほしいけど、もしかしたら自分の持っているものは誰かがほしいと思っているかもしれません。

あれもこれもほしいと思うから不満がたまるわけで・・・

今、自分が持っているものに感謝することができれば、もっとしあわせな気持ちになれますよね、きっと。

先日友人に、「大丈夫?つらいことはない?」と聞かれました。
つらいことなんて山ほどありますが、「つらいことは数えないようにしてるよ。キリがないから」と答えました。

みなさんもそうじゃないですか?

つらいこと、いやなことは数えないようにしましょうよ。
数えても減らないし、逆に増えちゃうかもしれません。
(今日はえらく前向きな私.。゚+.(・∀・)゚+.゚)

もうすぐ春ですからね

毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 13:37コメント(8)トラックバック(0) 

2009年01月22日

一昨日、今後の治療法が決まりました。



来週で、副作用のきつい抗がん剤は終わりになります
やった〜(*´∇`*)

最近、眉毛やまつげが抜けてきたので危機感を持っていたのですが・・・
なんとか残りそうです

そして、その後の治療は・・・

「ハーセプチン」という薬を3週間に1回、1年間投与。
この薬は比較的最近保険がきくようになった新しい薬で、「分子標的薬」というのだそうです。

ほかの抗がん剤は正常な細胞とがん細胞の見分けがつかず、正常な細胞も傷つけてしまうのですが、分子標的薬は違います。

ガン細胞だけに反応し、手錠をかけるように広がるのを防ぐ薬だそうです。

この薬を短期集中で投与するか、1年間かけて投与するかを選択しなければなりませんでした。

私が選んだのは、1年間の治療です。

そのほうが効果があるらしく、癌研有明の先生にも1年間のほうを勧められていました。

もうここまできたら、徹底的にガン細胞をやっつけないと

「1年間頑張れますか?」と先生に聞かれましたが、頑張るしかありません

副作用は「高い熱がでますよ」とのこと・・・

う〜ん、高い熱かぁ・・・
しょうがないな。

それに中2週で投与するということは、月に4万以上の出費・・・
それもしょうがないな。
高い英会話の教材でも買ってしまったと思えばいっか。

・・・というわけで、私の治療はあと1年間続くことになりました。
(´−д−;`)

でも今までよりはずっと元気になれると思います。
仕事もバリバリとまでいかなくても、だいぶ頑張れると思います。

完全に復活しましたと言うのは1年後になってしまいましたが、一区切りついたような気がしています。

自分で言うのもなんですが、頑張りましたよ〜(*´Д`*)

そしてこれからも頑張りますので、みなさん応援宜しくお願いいたします

毎日読んでいただいてありがとうございます。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。携帯の方は[画像]というところをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング
kb0404 at 21:39コメント(4)トラックバック(0) 
闘病 
スポンサードリンク
お問い合わせ

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
ギャラリー
  • ホイケのDVDに号泣
  • ホイケのDVDに号泣
  • 感動のホイケ(6)ワヒネ劇場
  • 感動のホイケ(6)ワヒネ劇場
  • 感動のホイケ(6)ワヒネ劇場
  • 感動のホイケ(6)ワヒネ劇場
キエレの会社
Recent Comments
記事検索
Archives